玄関暮らし。の事情

 「玄関暮らし。」とは、建築模型とオリジナルの人形を使った4コマ漫画です。インターネット上で100話を公開し、建築模型の新たな方向性を探りました。

 また建築模型に物語を加えることで、作成した模型に対して付加価値を与えることができるのではないかと考えました。

 建築模型自体にとっての主役は建築物ですが、本当の主役はその建築物を使用する人間です。ならば、人間の主役を配置してみたいところです。

 ということでパーツを1つ1つし設計・制作したオリジナルの人形を作ってしまいました。

 建物(玄関のみ)・人形・物語をすべてオリジナルで作ってみたところ、子供の頃に女の子が「お人形さんごっこ」で遊んでいるのを思い出しました。

 「お人形さんごっこ」というと幼い遊びと思われてしまいそうですが、心理療法で「箱庭療法」というのがあります。

 箱庭療法は、そもそも箱庭を作るという行為そのものに効果があると言われています。ということで、この「お人形さんごっこ」にも意味があると考えられます。

 これはもしかしたら、大人の「お人形さんごっこ」かもしれないのです。

 

「玄関暮らし。」の主人公

餡 大一(あん だいち)。

物語では、「だいち君」とか「だいちゃん」と呼ばれていました。

 

 

だいち君の妹

餡 咲子(あん さきこ)

物語では、「サキちゃん」「サキっちょ」と呼ばれていました。

 

 

だいち君の兄

餡 新人(あん るぅきぃ)

キラキラネーム。「にーにー」「お兄さん」「新君」と呼ばれていました。

 

 

先輩

保田 リエ(やすだ りえ)

舞台「玄関」の家主であり、物語の画面には姿を見せたことがない。

「先輩」「ホリエ先輩」等と呼ばれ、この物語最大のオチでした。

 

 

その他にも

黄色いモコモコの動物「しーちゃん」

にーにーの奥さん「敏恵さん」

なんかも登場して、先輩の玄関先でドタバタストーリーが展開しました。

 

まだまだ準備中